平成30年分)e-Taxで確定申告!確定申告等作成コーナーを使ったe-Tax送信とは?

投稿日:2019年2月18日 更新日:

今年の確定申告は、2月18日(月)~3月15日(金)まで。

確定申告の時期になると、税務署も混み合いますし準備やら必要書類の用意やらで忙しくてなかなか時間が取れないことも多いですよね。

e-Taxとは申告・納税などの国税に関する各種手続きについてインターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムで、確定申告時期なら24時間利用可能です。

つまりe-Taxを利用すれば、税務署に行かなくても自宅から確定申告を完了できます。

文字や数字の入力などの簡単な操作が出来れば、誰でも問題なくe-Taxを利用することができるので、さっそくネットから確定申告を済ませましょう!

【国税庁】e-Taxのホームページはこちら
http://www.e-tax.nta.go.jp/

生まれ変わった!【e-Tax利用の簡便化】でより便利に!

e-Taxを利用するには、実は「事前準備」を済ませなければ利用ができませんでした。

この事前準備が厄介で、

・マイナンバーカードの入手
・ICカードリーダライタの入手
・開始届出書を提出し「利用者識別番号」を取得(オンライン可)
・パソコンのシステム環境の確認(e-TaxソフトはWindowsでIEのみ)

など、e-Taxを開始するまでに何かと手間が掛かる仕組みとなっていました。

ですが、平成30年分の確定申告より「e-Tax利用の簡便化」として

・今まで通りの「現行方式」
・新しく「マイナンバーカード方式」
・マイナンバーカードが無くてもOKな「ID・パスワード方式」

の3つの方法でe-Taxを利用することができるようになりました。

さらに、e-Taxソフトではなく確定申告書等作成コーナーを利用したe-Tax送信を行えば、画面の表示に従って操作していくだけで確定申告書類の作成&提出が可能です。

詳細は下記の平成30年分確定申告特集のサイトより確認が出来ます。

【国税庁】確定申告書等作成コーナーが変わりました
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-kakutei.htm

3つのe-Tax利用方式の違いは?

実際何が変わったのか?違いを見て行きたいと思います。

現行方式:利用するのに必要なもの

1)マイナンバーカード、ICカードリーダライタを用意
2)e-Taxの開始届出書を提出
3)e-TaxのID・パスワードを取得

また、

・申告データ作成時:e-TaxのIDを入力
・申告データへの署名:マイナンバーカードのパスワードを入力
・申告データの送信:e-Taxのパスワードを入力

と様々な場面でのe-Tax専用パスワードとマイナンバーカードのパスワード入力が必要でした。

マイナンバーカード方式:利用するのに必要なもの

1)マイナンバーカード、ICカードリーダライタを用意

以上。

こちらは、開始届出書の提出や、e-TaxのID・パスワードを取得する必要はありません。

マイナンバーカード申請時に設定する、マイナンバーカードのパスワードを入力するだけで利用可能なので現行方式より手間も減り簡単になっています。

ID・パスワード方式:利用するのに必要なもの

1)事前準備として、税務署で職員との対面による本人確認
2)e-TaxのID・パスワードが発行される

マイナンバーカードや、ICカードリーダライタを持っていない人はこちらの方式での利用が可能です。

税務署で本人確認をすると、ID・パスワード方式の届出完了通知を受け取ることが出来ますので、本人確認書類(運転免許証など)を持参してお近くの税務署に行きましょう。

e-Tax提出時に、税務署で受け取ったID・パスワードを入力するだけで利用が可能です。

また確定申告書の送信時に、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って電子署名をする必要もありません。

ちなみに、ID・パスワード方式で申告する場合は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書を作成し、e-Taxで送信する場合のみ利用可能となります。

※e-Taxソフトを使っての確定申告はできません。
※マイナンバーカードとICカードリーダライタが普及するまでの概ね3年間の暫定的な対応となります

確定申告書等作成コーナーはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top

e-Taxの利用時間は?

e-Taxには利用時間があり、「通常期」と「所得税等の確定申告期」によって変わります。

また、メンテナンス時間にはe-Tax送信もできませんので注意が必要です。

通常期

【受付日】
・月曜日~金曜日(祝日等および12月29日~1月3日を除く)
・5月、8月、11月の最終土曜日及び、翌日の日曜日

【受付時間】
・8時30分~24時

所得税等の確定申告期(平成31年1月4日(金)~3月15日(金))

【受付日】
全日(土日祝日含む)

【受付時間】
24時間(メンテナンス:毎週月曜午前0時~午前8時30分を除く)

今後は利用時間も拡大を予定しています。

e-Taxの運転状況・利用可能時間の確認はこちら
http://www.e-tax.nta.go.jp/info_center/index.htm

確定申告書等作成コーナーからe-Taxで確定申告する方法

e-Taxには、

・e-Taxソフト(ダウンロード版)
・e-Taxソフト(WEB版)
・e-Taxソフト(SP版)

3つのソフトが用意されていますが、実はこちら使いにくいというのが本音です。

そこでソフトを使わずに、

1)確定申告等作成コーナーで申告書を作成
2)e-Taxで提出

という方法を取ると格段に分かりやすく簡単に確定申告書類の作成&提出を済ませることができます。

【平成30年分】確定申告書等作成コーナーはこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top

確定申告書等作成コーナーとe-Taxを利用するメリット

確定申告書等作成コーナーとは

1)画面の案内に従って金額などを入力する
2)税額などが自動的に計算される
3)確定申告書などが作成できる

というシステムです。

国税庁ホームページからアクセスして利用することができます。

この確定申告書等作成コーナーで作成した申告書は

1:印刷して税務署に持参または、郵送
2:e-Taxを利用して送信

2つから提出方法を選ぶことが出来るので、印刷したい人は「書面で提出」を選び、自宅で確定申告の手続きを完了させたい人は「e-Taxで提出」を選べばOKです。

さらに、確定申告期間中は24時間いつでも申告が可能!土日も申告できるので仕事で忙しく時間の取れない人などわざわざ税務署に行き並ばないで済みます。

源泉徴収票など提出が必要な書類は?

通常、書面提出の場合は源泉徴収票などの書類を添付して提出する必要があります。

e-Taxで申告する場合は、源泉徴収票などに記載されている内容を入力して送信するのでこれらの書類の提出を省略することができます。

還付申告の振り込み時期は?

内容に問題がなければ、3週間程度で処理されるので書面で提出した場合よりも税金が還付されるまでの時間がグッと早くなります。

・通常の提出の場合(税務署へ持参や郵送)は、おおむね1ヵ月~1ヵ月半程度
・e-Taxで提出した場合は、3週間程度で処理され確定後4~5日で入金

と、早くなるのがメリットです。

以上により、

1)確定申告書等作成コーナーで申告書を作成
2)e-Tax送信にて申告書を提出

という方法が一番スムーズに申告書の提出ができる方法です。

早速、確定申告作成コーナーより確定申告をする
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top

確定申告書等作成コーナーの操作方法は?

実際にどのように操作していけばよいのでしょうか?早速見て行きたいと思います。

1)確定申告書等作成コーナーを開き「作成開始」をクリック

2)「e-Taxで提出する」をクリック

3)「マイナンバーカード方式により提出する」または「ID・パスワード方式により提出する」をクリック

3-1:マイナンバーカード方式の場合

4)推奨環境の確認し、表示画面に従って事前準備を済ます

推奨環境以外のブラウザ等ではマイナンバーカード方式の利用が出来ません。

推奨環境は下記の通りです。

■Windowsパソコンの場合

・OS
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10

・ブラウザ
Internet Explorer 11

・PDF閲覧ソフト
Adobe Acrobat Reader DC

■Macの場合

・OS
Mac OS 10.11(El Capitan)
Mac OS 10.12(Sierra)
Mac OS 10.13(High Sierra)
Mac OS 10.14(Mojave)

・ブラウザ
Safari 11.1
Safari 12.0

・PDF閲覧ソフト
Adobe Acrobat Reader DC

3-2:ID・パスワード方式の場合

4)推奨環境の確認し、届出完了通知に記載された下記を入力する

・利用者識別番号 [半角数字16桁]
・暗証番号 [半角英数字8文字以上50文字以内]

ID・パスワード方式の推奨環境は、マイナンバー方式よりも利用できるブラウザが多いので安心です。

■Windowsパソコンの場合

・OS
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10

・ブラウザ
Internet Explorer 11
Microsoft Edge 42
Firefox 63
Google Chrome 70

・PDF閲覧ソフト
Adobe Acrobat Reader DC

■Macの場合

・OS
Mac OS 10.11(El Capitan)
Mac OS 10.12(Sierra)
Mac OS 10.13(High Sierra)
Mac OS 10.14(Mojave)

・ブラウザ
Safari 11.1
Safari 12.0

・PDF閲覧ソフト
Adobe Acrobat Reader DC

後は画面の内容に従い、自分の確定申告書類の作成&提出がネット上で完了できます。

不明点があれば、コーナーTOPページにある「ご利用ガイド」や右上にある「よくある質問」等を確認することで解決することが出来ます。

確定申告書等作成コーナーで確定申告するならこちら
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top

ID・パスワード方式の利用は概ね3年間です!

マイナンバーカードやICカードリーダライタが無くても、e-Taxにて自宅から確定申告書類を送信できるID・パスワード方式ですが3年後には利用できなくなってしまいます。

その為、

・マイナンバーカードの入手
・ICカードリーダライタの入手

こちらは、ネットから確定申告を済ませたい人は用意しておく必要があります。

マイナンバーカード(個人番号カード)の入手方法は?

マイナンバーカードは、4つの方法で申請が可能です。

1)郵便による申請
2)パソコンによる申請
3)スマートフォンによる申請
4)まちなかの証明写真機からの申請

マイナンバーカードの交付の注意点は?

1:発行までの期間が1ヵ月以上かかる

申請後に申請内容を確認して~交付通知書が発送されるまでに概ね1ヵ月
その後、通知書を持ってお住まいの自治体で個人番号カードの受取りが必要です。

2:パソコンよる申請の場合「申請書ID」が必要

この申請書IDは、通知カードを郵送で受け取った時に一緒に入っていた「交付申請書」に記載された申請ID(半角数字23桁)です。

もし無くしてしまった場合などは、市役所区役所町役場などに行きで交付申請書を再発行してもらう必要があります。

郵便による申請の場合は、用紙をダウンロードし手書きで申請も可能ですが、この場合は申請書IDは記載されていないためパソコン・スマホの申請には使用できません。

3:スマホによる申請の場合「交付申請書のQRコード」が必要

スマホの場合は、QRコードを読み込んで申請用WEBサイトにアクセスが必要となります。

交付申請書にQRコードが付いていない場合は、パソコン同様に交付申請書の再発行が必要になります。

マイナンバーカードの交付申請の詳細はこちら
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

ICカードリーダライタの入手方法は?

ICカードリーダライタは、お近くの家電量販店やインターネット通販での入手が可能です。

ですが、

・マイナンバーカードを読み取れる対応機種が限られる
・利用のパソコンに合う機種が限られる

と知らずに買って使えなかった!ということもあり得ます。

失敗しないためには前もって対応機種を調べておく必要があります。こちらは専用のサイトが用意されているので確認をしてみてください。

また、お手持ちのスマートフォンの機種によってはスマホを使ってICカードの読み取りが可能な機種もあります。

こちらも記載がありますので確認をしてみてください。

ICカードリーダライタの対応機種はこちら
https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html

個人事業主、フリーランス、小規模法人なら!

初めての確定申告でどうしたらいいのか分からない。
簿記や会計の知識がなくて困っている。

そんなあなたに、弥生のクラウド確定申告ソフトなら初期費用無料で利用できます!

個人事業主・フリーランス専用
・青色申告するなら
まずは2ヵ月無料体験 詳細はこちら
個人事業主・フリーランス専用
・白色申告するなら
初年度0円 詳細はこちら
小規模法人専用
・会計ソフトなら
フリープラン無料 詳細はこちら

まとめ

確定申告時期になると、前もって準備しておこうと思ってもついつい後回しにしてしまいギリギリになって「もっと早く準備しておけば!」と悔やんでしまうことがありますよね。

ですが平成30年分の確定申告よりe-Taxの利用が簡便化され、マイナンバーカードやICカードリーダライタが無くても利用できるようになりました。

このID・パスワード方式は、マイナンバーカードやICカードリーダライタが普及されるまでの暫定的な処置となりますがとても便利だと思います。

利用には、税務署へ行き対面での本人確認をしてID・パスワード方式の届出完了通知を受け取る必要があります。

税務署の開庁時間は、

・月曜日から金曜日(祝日等を除く)午前8時30分から午後5時まで
・一部、2月24日と3月3日に限り、日曜日も確定申告の相談及び申告書の受付

となっています。

平成30年分の確定申告は、2月18日(月)~3月15日(金)までですので早めに準備を済ませておくと安心です。

お近くの税務署の所在地の検索はこちら
https://www.nta.go.jp/about/organization/index.htm

-納税・申告

関連記事

平成30年分の確定申告は、国税庁の確定申告書等作成コーナーでネット申告!

平成31年1月より確定申告書等作成コーナーが新しくなり、ネットで確定申告を済ませたい人に対してより簡単により便利に利用できるようになりました。 確定申告書作成後にネットから提出できる「e-Taxで提出 …

医療費控除

医療費控除を受けるには?明細書の書き方や必要書類、確定申告のやり方

平成29年分の医療費控除を受けるには、年末調整を行った人も行っていない人も自分で確定申告にて医療費控除の申請が必要です。 今年の提出期限は3月15日木曜日まで! 実は、平成29年分より医療費控除の内容 …

ふるさと納税2017

ふるさと納税の仕組みと仕方や確定申告、おすすめ納税サイトとランキング

2017年のふるさと納税はお済みですか? 2008年からはじまった「ふるさと納税」ですが、2015年にテレビに取り上げられ話題になり去年、一昨年と今では多くの人がふるさと納税を行っています。 実は私も …

年金手帳

日本年金機構への問い合わせ方法と年金支給漏れ(振替加算)のQ&A

私たちの年金は現在、日本年金機構で管理運営されていますが、2017年9月13日に年金の支給漏れがあったことを日本年金機構が明らかにしました。 対象者は、元公務員の妻ら約10万6000人 総額は、598 …

年末調整

年末調整の書き方と用紙、扶養控除、保険料控除について【まとめ】

今年も年末調整の時期がやってきました。 会社やバイトなどの勤め先から 「平成30年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」 「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書 …