住所変更の手続きと必要書類!引っ越し・新生活をスタートするあなたへ

スポンサーリンク

投稿日:2018年3月23日 更新日:

住所変更

1人暮らし、進学、就職、結婚、転居。
引っ越しなどで住む場所が変わったときは「住所変更」は必須です。

ですが、転出届や転入届、運転免許証の住所変更など市役所や警察署へ行く必要があり、平日しかやっていないので一気にまとめて片付けてしまいたいですよね。

ここでは、住所変更に必要な手続きや書類、時間を無駄にしない流れなどを紹介します!

引っ越し手続きの「チェックリスト」はこちら!
https://hikkoshizamurai.jp/useful/procedure/


住所変更チェックリスト!【全23項目】

チェックリスト

引っ越し先の住所が決まり、直ぐにでも出来る住所変更内容~忘れがちな住所変更内容まで紹介します。

住所変更は早めにやらないと、引っ越し後に困ることになりますので該当する事項はしっかりチェックしてみてください。

【引越しが決まったら】すぐにでもやりたい住所変更

1)インターネット回線の引っ越し/2週間前までに
2)固定電話回線の引っ越し/2週間前までに

すぐにでも連絡をしておきたいのがこの2点の引っ越し連絡です。ついつい後回しにしてしまうと利用開始までに時間が掛かりますので真っ先に変更しましょう。

【引越しの1~2週間前】忘れずにやりたい住所変更

3)電気の引っ越し/1週間~10日前までに
4)ガスの引っ越し/1週間前までに
5)水道の引っ越し/1週間前までに

こちらは利用停止や使用開始の際に「立会い」が必要になることがあります。その分予定を空けておく必要があるため早目の連絡が必要です。

6)郵便物の転送手続き/引越し前、後どちらでも可能

期限は特にありませんが、転送届けを出しておくと1年間旧住所へ届いた郵便物を新住所へ転送してくれます。

【必須!】役所関連の住所変更(住民票移動手続き等)

~元と同じ市区町村に引っ越す場合~

7)転居届/引っ越しした日から14日以内

~元と違う市区町村に引っ越す場合~

8)転出届/2週間前~引っ越しした日から14日以内
9)転入届/引っ越しした日から14日以内
~その他の手続き~

10)マイナンバーカードまたは、通知カード/引っ越しした日から14日以内
11)国民健康保険/引っ越しした日から14日以内
12)国民年金/引っ越しした日から14日以内
13)印鑑登録/引っ越しした日から
14)運転免許証/引っ越しした日から
15)車庫証明・車検証/引っ越しした日から
16)バイク/引っ越しした日から
17)犬の登録住所変更/引っ越し後すみやかに
18)パスポート/変更不要(本籍の都道府県が変わった場合は必要)

それぞれ同じ日に手続きできるものや変更・手続きする順番などもあるので、この後詳しく説明します。

【その他】住所変更手続き(引っ越し後なる早)

19)会社へ連絡(厚生年金や社会保険の住所変更等)
20)クレジットカード
21)銀行口座
22)携帯電話
23)各種保険(医療保険、生命保険等)

ついつい忘れがちな住所変更の中でも、変更しておかないと困るものです。引っ越し後すみやかに住所変更をする用にしましょう。

各種、住所変更内容と必要書類は?

自分が該当する住所変更が分かった後は、じゃあどうすればいいの?を解決していきましょう。

1)インターネット回線の引っ越し連絡

インターネット回線引越し

インターネット回線を繋ぐには必ず「工事」が必要になります。

・同じ契約内容で住所だけ変更したい場合
・現在の契約をやめ、他の回線へ乗り換える場合
・新しく自分の名義で、新規契約をする場合

いずれも工事が必要になり、新居に光回線を引けるのか?という所から確認が必要になります。

新規の場合や乗換えの場合で料金も変わり、ネット申し込みも可能ですがサイトによってキャンペーンなども違いがあり「どこが一番お得なのか?」を調べる必要もあります。

また、早めに申し込みをしておかないと工事までの時間が掛かり最悪1ヵ月~2ヵ月後となってしまうこともざらです。

特に3月4月は混み合うため早目の連絡をしておきましょう。

必要書類

・契約内容が確認できる書類

例)フレッツ光の場合「開通のご案内」に記載された「お客様ID」が必要です。

【NTT】フレッツ光の移転申し込みはこちら
https://flets.com/first/kaiyaku/move.html


2)固定電話回線の引っ越し連絡

固定電話回線の引越し

固定電話がある場合、必ず電話回線の移転の連絡が必要になります。

基本的に2週間前までに連絡をする必要がありますが、引っ越し先によっては工事が必要な場合もあります。

また、フレッツ光などのインターネットサービスも併せて利用している場合は固定電話のみより時間が掛かるため3週間前には連絡が必要です。

特に引っ越し時期の3月4月は混み合うため早め、早めに連絡が必要です。

局番なしの「116」へ電話するまたは、WEBサイトより変更手続きが可能です。電話は混み合うためネットからの手続きがおすすめです。

必要書類

・料金支払い情報(クレジットカード、口座振替・請求書等の情報)

【NTT】電話のお引っ越しの詳細、依頼はこちら
http://web116.jp/shop/iten/iten_00.html

3)電気の引っ越し連絡

電気の引越し

電力の自由化に伴い、東京電力のほかにauでんきやENEOSでんき東京ガスの電気など人によって様々な契約をしているかと思います。

契約業者によって、引っ越し時の申し込みの期限等が変わりますので詳しくは各ホームページなどで確認が必須になります。

引っ越し日が決まったら早めに連絡するようにしましょう!

連絡方法は電話連絡のほかに、WEBから申し込みが可能です。

立会いは基本的に不要ですが、引っ越し当日に現地清算が必要な場合などは立会いが必要になることもあります。

必要書類

・東京電力の場合…お客様番号(検針票や領収書に記載)
・auでんきの場合…au ID(WEBの場合)
・ENEOSでんきの場合…ログイン情報(WEBの場合)
・東京ガスの電気の場合…供給地点特定番号、電気メーターの計器番号

東京電力エナジーパートナーの引っ越し手続きはこちら
http://www.tepco.co.jp/ep/private/moving/moving02.html

4)ガスの引っ越し連絡

ガスの引越し

ガスの場合は、ガスを開栓する日に作業員による説明や点火確認等があるため立会いが必要になります。

ですので、開栓日のためにスケジュールを空けておく必要があります。

ガスを止める時は基本的に立会い不要ですが、ガスメーターが施錠された場所にある場合に作業員が元栓を締められないため立会いが必要になる場合があります。

ガスの開栓の日時は混み合うことも考慮して早めに連絡を入れると希望の日を取ることができます。

連絡は電話または、WEBから申し込みが可能です。

必要書類

・お客さま番号(検針票や領収書に記載)

東京ガスの引越しはこちらから
http://home.tokyo-gas.co.jp/procedure/moving/campaign/index.html

5)水道の引っ越し連絡

水道の引越し

水道の引越しの連絡は、各県や市の水道局への連絡が必要になります。

同じ管轄内での引越しであれば1本の電話で中止や使用開始の連絡ができますが、管轄外へ引っ越す場合は旧住所、新住所それぞれで連絡が必要になります。

また、基本料金が発生するため水道の中止の連絡を入れないと旧住所の水道代を支払い続けることになるので忘れずに連絡を入れましょう。

電話の場合は、地域によってさまざまですが基本的に月~土の午前8時30分から午後7時まで受け付けています。日祝日は受けていませんので注意が必要です。

他にも郵送や、ネットで受け付けている水道局もあります。地域によって違いますので要確認が必要です。

必要書類

・お客さま番号(検針票や領収書に記載)

東京都水道局の引っ越して続きはこちら
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/faq/qa-4.html

6)郵便物の転送手続き

郵便物転送

郵便物の転送をしておかないと、旧住所の登録のままの郵便物は全て旧住所へ配達され続けてしまいます。

そこで郵便局の転居・転送サービスの届出を出しておくことで、届出日から1年間、無料で新住所へと転送をしてくれます。

引っ越し前でも、引っ越し後でもいつでも手続き可能です。

転送されてきた郵便物を見れば、住所変更を忘れていた登録内容の確認にもなりますので転送手続きは忘れずにしましょう。(お店からのDMやカード会社のDMなど)

また、1年経っても旧住所の郵便物がある場合は期限切れとなり差出人へ返還されます。再度転送の届出を出すことで1年延長も可能です。

届出は郵便局の窓口または、ネットから受付もしています。

必要書類

・本人確認が出来る書類(窓口へ行く場合)
・パソコンのメールアドレス(ネットの場合)

【郵便局】e転居のオンライン申し込みはこちら
https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/



7)転居届(住民票の移動手続き)

転居届

転居届は、同じ市区町村内で引っ越しをした時にする手続きです。

役所や役場の窓口で行う必要があります。

★一緒にしたほうがいい手続き
「国民健康保険の住所変更」「年金手帳の住所変更」

・引っ越ししてから14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・転居する全員のマイナンバーカードまたは通知カード
・印鑑(シャチハタ不可)

マイナンバーカードまたは、通知カードを一緒に提出することでこちらの住所変更も一緒に行うことが可能です。

8)転出届(住民票の移動手続き)

転出届

転出届は、元住んでいた市区町村とは別の市区町村へ引っ越す時にする手続きです。

旧住所の役所や役場の窓口で行う必要がありますので、引越し前に行うか、引っ越し後の転入届と同日に行うことも可能です。

★一緒にしたほうがいい手続き
「印鑑登録の廃止」「国民健康保険証の返還」

・2週間前~引っ越しした日から14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・印鑑(シャチハタ不可)

転出届の場合は、郵送でも手続きが可能です。各役場、役所のホームページでダウンロードができます。

9)転入届(住民票の移動手続き)

転入届

転入届は、元住んでいた市区町村とは別の市区町村へ引っ越す時にする手続きです。転入・転出は両方手続きが必要です。

新住所の役所や役場の窓口で行う必要があります。

★一緒にしたほうがいい手続き
「印鑑登録の手続き」「国民健康保険の加入手続き」「年金手帳の住所変更」

・引っ越しした日から14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・転出証明書(転出届を出した際に発行される)
・転入する全員のマイナンバーカードまたは通知カード
・印鑑(シャチハタ不可)

マイナンバーカードまたは、通知カードを一緒に提出することでこちらの住所変更も一緒に行うことが可能です。

※住民票を移動した後、必要な住民票の枚数は?

住民票の写し

転居届や転入届を出し住民票の移動をすると、その場で「住民票の写し」を発行してもらうことが出来ます。

その際、

・マイナンバー(個人番号)の入った住民票
・個人番号の記載のない住民票
・本人の名前だけ入った住民票
・家族全員分の名前の入った住民票

など、選ぶことが出来ます。

基本的にマイナンバーの入った住民票は個人情報になりますので、確定申告等の公的手続き以外では必要がありません。

ですので、個人番号の無い通常の住民票の写しを発行してもらうことになります。

引越し関連で必要になる住民票の枚数は、

・運転免許証の住所変更時に1枚(回収されます)
・車庫証明、車検証の住所変更時に1枚
・お子様がいる場合、学校の転入手続きで1枚

など人によって変わります。

運転免許証を持っている人は必ず1枚必要になるため忘れずに発行してもらいましょう!

該当しない人は特に不要ですが心配な場合は1枚~2枚もらっておくと安心です。

また手続きによっては見せるだけでOKやコピー可の場合もありますので事前に調べておくと安心です。

10)マイナンバーカードまたは、通知カードの住所変更

マイナンバーカード

引っ越しをして住所が変わったら、こちらの個人番号カードの住所変更が必須です。

マイナンバーは確定申告の際にも必要ですし、会社があなたに代わり手続きをしている社会保険や雇用保険、年末調整といった税に関わる事に使われています。

住所変更をしなかった場合困るのはあなたですので、忘れずに行いましょう。

引っ越し先の役所・役場で手続きが可能です。転居届または、転入届を提出する際、一緒に提出すると住所変更をしてもらえますし、忘れた場合は後日でも可能です。

・引っ越しした日から14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・転入する全員のマイナンバーカードまたは通知カード

特に、顔写真付きのマイナンバーカードは住所が変更になってから90日以内に変更届をしないと失効になってしまうため、再度マイナンバーカードを作成する必要がありとても面倒です。

市役所や町役場に転居手続きに行く際は、忘れずに持参しましょう。

マイナンバーについての詳細はこちら
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/index.html


11)国民健康保険の手続き

国民健康保険

【1】同市内へ引越しの場合は、引っ越し後の「住所変更」。
【2】別市外へ引越しの場合は、引越し前の「廃止手続き」と引っ越し後の「加入手続き」が必要です。

【1】の場合は、転居届を出す際に一緒に行うと楽です。
【2】の場合は、転出届と一緒に「廃止⇒返還」。転入届と一緒に「加入手続き」を行うと楽です。

・引っ越しした日から14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・転居する全員分の国民健康保険証
・印鑑

12)国民年金の住所変更

国民年金

ついつい忘れがちな年金手帳の住所変更。現在もらってない人は特に忘れがちになってしまいますが、こちらも住所変更が必要です。

ねんきん定期便や年金に関してのお知らせが登録住所へ郵送されてきます。

変更のタイミングは下記の通りです。

同市内へ引越しの場合は、引っ越し後に市役所、町役場で転居届を出す際に一緒に。
別市外へ引越しの場合は、引っ越し後の市役所、町役場で転入届を出す際に一緒に。

忘れてしまった場合は、別の日に手続きへ行く必要があります。

ちなみに、健康保険(協会けんぽ)・厚生年金保険に加入中の人の場合は会社へ住所変更を申し出ることによって、事業主が変更届を提出してくれます。

・引っ越しした日から14日以内
・本人または、本人と同一世帯の人、世帯主が手続き可能
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・年金手帳

【日本年金機構】引越したときの手続き
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20120406.html

13)印鑑登録の手続き

印鑑登録

印鑑登録(実印)を登録している人は、下記の手続きが必要です。

【1】同市内へ引越しの場合は、「手続き不要」。
【2】別市外へ引越しの場合は、引越し前の「廃止⇒印鑑登録カード返還」と引っ越し後の「登録手続き」。

【1】の場合は、転居届を出した際に、自動的に印鑑登録の住所も変更となります。
【2】の場合は、転出届と一緒に「廃止」。転入届と一緒に「登録手続き」を行うと楽です。

・引っ越しした日から(期限なし)
・印鑑登録する本人
・平日8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・本人確認書類(運転免許証等)
・印鑑登録証(カード)※廃止する際
・登録する実印 ※登録する際

登録手続きをした際に「印鑑証明書を発行しますか?」と聞かれると思いますが、引越し後の手続き関連に特に必要ないので発行なしで問題ありません。

14)運転免許証の住所変更

運転免許証

運転免許証を持っている人は、引っ越し後の住まいの管轄の警察署、運転免許試験場にて住所変更が必要になります。どこでも良いわけではありません。

手順としては、転居届(転入届)の手続きをした後に「住民票の写し」を持って警察署へ。という流れですので市役所の手続きと同日に行うことも可能です。

また、土日の住所変更は行っていないので注意してください。

・引っ越しした日から(期限なし)
・本人または代理人※代理人の身分を確認できるものが必要
・月~金まで8:30~17:15(警察署により異なる/昼休みあり)

必要書類

・運転免許証
・住民票の写し(コピー不可/回収されます)

15)車庫証明・車検証の住所変更

車庫証明

車の所有者が引っ越しした場合、車庫証明の住所変更と車検証の住所変更が必要になります。

用意するものや届け先、手数料などもあり意外と大変なため、下記サイトを参考にしてみてください。

【SUUMO】車庫証明・車検証の住所変更の手続き方法
https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/before/procedure/37.html

16)バイクの住所変更

バイク

原付バイク、軽二輪バイク、小型二輪バイクなども引っ越しした時に住所変更が必要です。

バイクの種類によって必要書類や届出内容が変わるため、下記サイトを参考にして見てください。

【引越し侍】バイクの住所変更手続き方法
https://hikkoshizamurai.jp/useful/procedure/vehicle/motorcycle/

17)犬の登録住所変更

犬

ペットを飼っている場合、猫や小鳥などは特に何もしなくて大丈夫ですが、犬や国に指定されたペットを飼っている場合は登録住所の変更が必須になります。

同市内へ引越しの場合は、飼い犬の登録事項等変更届を提出。
別市外へ引越しの場合は、元の住所地で交付された犬鑑札と狂犬病予防注射済票を持って飼い犬の登録事項等変更届を提出。

それぞれ、転居届や転入届を出す際に役所・役場で一緒に変更が可能です。

別市外への転出の際は、手続きが不要ですが犬鑑札を紛失、破損している場合は再交付をしておく必要があります。

・引っ越し後すみやかに
・飼い主
・月~金まで8:30~17:15(自治体により異なる/土日可能な場合も)

必要書類

・犬鑑札(転入の際)
・狂犬病予防注射済票(交付済の場合)

18)パスポート

パスポート

引越しをした時に「パスポートの住所も変更しなきゃ!」と思いますが、実は住所が変わっただけの場合は変更届けなど手続きをする必要がありません。

自分でパスポートに記載の住所の部分に二重線を引き、新しい住所を記載しておけば問題なし。となっています。

ですが、「本籍」の都道府県が変更になった場合はパスポートセンターへ行きお手持ちのパスポートを返納し新たにパスポートを入手する必要があります。

※同一県内での本籍変更の場合は、手続きが不要です。

必要書類

・戸籍抄本または戸籍謄本
・パスポート用の写真
・お手持ちのパスポート

各県によって異なることもありますので、引越し先のパスポート窓口のサイトで確認をしてみてください。

【東京都】パスポート/氏名・本籍等に変更があった場合
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/guide/application/0000000364.html



まとめ

引越しの際、住所変更しなきゃいけないものや手続きが多くついついごっちゃになってしまいますよね。

「これはどこで変更するの?」
「何を変更しなきゃいけないの?」
「必要な書類ってなに?」

さらに市役所や警察署などでの手続きはほとんど平日しか行っていないため、会社や仕事を休んで手続きをする必要があります。

なるべく1日で済ませたいものですが、手順や順番を間違えると市役所を行ったり来たりしなくてはならないことになってしまいます。

市外の場合、隣の市へ引っ越すならまだ市役所も近いですが、別の県へ引っ越す場合など元の住所の市役所と新しい住所の市役所としっかり済ませておかないと大変なことになります。

私も何度か引越しを経験しましたが、今でも大変だった記憶が蘇ります。

当記事があなたの住所変更の参考になりましたら幸いです。

【SUUMO】引越しお役立ち情報はこちら
https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/

【PR】
スーモ引越し見積もり

-暮らし

関連コンテンツ・広告

関連記事

クックパッド

クックパッドのレシピ検索方法と人気1位が見れるプレミアム会員とは?

「今日の献立どうしよう?」 「冷蔵庫に胸肉があるけどいいレシピないかな?」 クックパッドは、朝食・昼食・夕飯など毎日の料理を作る際や今日の献立を考える時にあなたの「困った!」を解決してくれる料理レシピ …

ふるさと納税2017

ふるさと納税の仕組みと仕方や確定申告、おすすめ納税サイトとランキング

2017年のふるさと納税はお済みですか? 2008年からはじまった「ふるさと納税」ですが、2015年にテレビに取り上げられ話題になり去年、一昨年と今では多くの人がふるさと納税を行っています。 実は私も …

年末調整

年末調整の書き方と用紙、扶養控除、保険料控除について【まとめ】

今年も年末調整の時期がやってきました。 会社やバイトなどの勤め先から 「平成30年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」 「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書 …

年金手帳

日本年金機構への問い合わせ方法と年金支給漏れ(振替加算)のQ&A

私たちの年金は現在、日本年金機構で管理運営されていますが、2017年9月13日に年金の支給漏れがあったことを日本年金機構が明らかにしました。 対象者は、元公務員の妻ら約10万6000人 総額は、598 …

IKEAオンライン

【公式通販】IKEAオンラインストアの利用方法と店舗情報!

IKEA(イケア)は北欧スウェーデン発祥の家具量販店で、新生活や引っ越し、新居や結婚、1人暮らしなどをする際に利用する人が多くいます。 ベッドやソファー、テーブルや収納など大きな買い物をする際、「持っ …