ねんきんネットへアクセス!年金ネットログイン方法と登録、年金見込額の見方【まとめ】

投稿日:

金融庁が提出をした、「公的年金以外に老後2000万円の資金が必要!」という報告書。

かつての政府は「年金100年安心プラン」をうたっていたため、老後に貯めておかなくてはならない金額が掲示されたことに驚いた人も多いのではないでしょうか。

ですが現在、年金を貰っている人を支えている世代からしたら「年金だけで暮らせるわけが無い」「年金はどうせ貰えない」と思っている人が多いのも事実です。

どちらにせよ、「自分は老後にどれだけ年金をもらえるのか?」といった年金見込み額は知っておきたいですよね。

日本年金機構の「ねんきんネット」を利用すれば「年金見込み額の試算」が簡単に出来ます。

ねんきんネットのログイン・登録はこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/

ねんきんネットのログイン方法は?

日本年金機構

ねんきんネットのログインに必要なもの

・ユーザーID
・パスワード

になります。

1)ねんきんネットをひらく
2)ログインボタンを押し、ユーザーID・パスワードを入力
3)ログインをクリック

以上でねんきんネットへログインすることが可能です。

早速、ねんきんネットへログインするならこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

ユーザーIDとパスワードを持っていない場合は?

新規登録をすることで、年金ネットを利用することが出来ますが、方法が3種類あります。

1:アクセスキーを持っている場合
2:アクセスキーを持っていない場合
3:年金個人情報提供サービス(旧サービス)を利用していた場合

こちらはそれぞれ利用方法が異なります。

1:アクセスキーを持っている場合

アクセスキーとは、毎年1回、誕生日月に郵送されてくる「ねんきん定期便」に記載されたアクセスキー(17桁の数字)を利用する方法です。

注意点としては、アクセスキーには有効期限が設けられているということです。

・本状(ねんきん定期便)到着後から3ヵ月

例えば、2019年7月現在利用できるアクセスキーは2019年4月中~7月現在までに届いたアクセスキーになります。

3か月の有効期限の過ぎたアクセスキーを入力しても「入力されたアクセスキーは有効期限切れです」と表示され利用ができません。

アクセスキーを使った新規登録方法

アクセスキーを持っている場合は、直ぐに「ユーザーID」が発行されるためねんきんネットをその場で利用可能です。

1)ねんきんネットの「新規登録」をクリック
2)ご利用登録(アクセスキーをお持ちの方)をクリック
3)利用規約を読み、「同意する」をクリック
4)下記の必須情報を入力し、「申し込み内容を確認」をクリック

・アクセスキー(17桁の数字)
・基礎年金番号(上4桁、下6桁)
・基礎年金番号の確認
・氏名(カナと漢字)
・生年月日
・性別
・お客様設定パスワード(8~20桁、半角英数字混在)
・秘密の質問と答え
・メールアドレス(スマホのメールアドレスも可能)
・日本年金機構からのお知らせメール(希望する・希望しない)
・電話番号 ※記載なしでもOK

5)入力した内容を確認し、「申込み」をクリック
6)ユーザーID確認用のメールが、登録したメアドに届く
7)届いたメールのURLにアクセスする
8)設定した、お客様設定パスワードを入力し「ユーザーID確認」をクリック
9)あなた様のユーザーIDは○○ですと表示されるので紙などにメモ
10)ねんきんネットのログインをクリックし、ユーザーID・パスワードを入力

以上で、ねんきんネットにログインすることが出来ます。

アクセスキーを利用してねんきんネットに登録するならこちら
https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/neko/Z06/W_Z0602SCR.do

2:アクセスキーを持っていない場合

アクセスキーを持っていない場合は、次のねんきん定期便が届くまで待つ…といいたいところですが、アクセスキーが無くても新規登録が可能です。

まず、お手元に「年金手帳」をご用意ください。

アクセスキーを使わずに新規登録する方法

アクセスキーが無い場合は、ユーザーIDが発行されるまでに「5営業日」かかります。

これは、郵送でアクセスキーが手元に届くためです。

ちなみに、年末年始やGW期間中の場合は郵送が遅れることがあります。

1)ねんきんネットの「新規登録」をクリック
2)ご利用登録(アクセスキーをお持ちでない方)をクリック
3)利用規約を読み、「同意する」をクリック
4)下記の必須情報を入力し、「申し込み内容を確認」をクリック

・基礎年金番号(上4桁、下6桁)
・基礎年金番号の確認
・氏名(カナと漢字)
・生年月日
・性別
・住所地の郵便番号と住所
・お客様設定パスワード(8~20桁、半角英数字混在)
・秘密の質問と答え
・メールアドレス(スマホのメールアドレスも可能)
・日本年金機構からのお知らせメール(希望する・希望しない)
・電話番号 ※記載なしでもOK

5)入力した内容を確認し、「申込み」をクリック
6)あなた様の申請受付番号は○○です。と表示されるのでメモ
7)5営業日程度で、「ユーザーIDのお知らせ」が簡易書留で郵送されてくる
8)ねんきんネットへアクセスし、届いたユーザーID・登録したパスワードでログイン

以上で、アクセスキーが無くてもねんきんネットを利用することができます。

アクセスキーを利用せずに新規登録するならこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

5営業日経っても「ユーザーIDのお知らせ」が届かない場合は?

万が一、ユーザーIDのお知らせがいくら待っても届かなかった場合はメモしていた「申請受付番号」または「基礎年金番号」で問い合わせることが出来ます。

お問い合わせは下記の、ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号へ連絡が必要です。

ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号
0570-058-555(ナビダイヤル)

※050で始まる電話番号からかける場合は下記になります。
(東京)03-6700-1144(一般電話)

受付時間は下記の通りです。

・月曜日  :午前8:30~午後7:00
・火~金曜日:午前8:30~午後5:15
・第2土曜日:午前9:30~午後4:00

※月曜日が祝日の場合、翌日以降の開所日初日に午後7:00まで相談受付
※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日~1月3日はお休みです

ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号の詳細はこちら
https://www.nenkin.go.jp/section/tel/index.html#cmscall02

3:年金個人情報提供サービス(旧サービス)を利用していた場合

振替加算が支給されなかったら?

ねんきんネットがスタートする前の「年金個人情報提供サービス」に登録していた人が対象です。

・年金個人情報提供サービスのユーザーID
・年金個人情報提供サービスのパスワード

があれば、新しいねんきんネットのユーザーIDを発行して利用することが可能です。

1)ねんきんネットの「ログイン」をクリック
2)年金個人情報提供サービスのユーザーID・パスワードを入力
3)新ユーザーID発行画面が表示されるので「確認」
4)あなた様の新ユーザーIDは○○です。と表示されるのでメモ
5)ねんきんネットの「ログイン」を再度クリック
6)新ユーザーIDと、年金個人情報提供サービスのパスワードを入力し「ログイン」

以上で、ねんきんネットへログインすることが可能です。

パスワードはログイン後のマイページより変更も可能です。

年金個人情報提供サービスのID・パスワードでログインするならこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

ねんきんネットのユーザーID・パスワードを忘れた場合は?

非公式IKEAオンラインストアに注意

ユーザーID、パスワードを忘れてしまった場合は、問い合わせても教えてもらうことはできません。

再度登録(新規登録)をしてユーザーIDを取得する必要があります。

・アクセスキーを持っている場合…即時
・アクセスキーを持っていない場合…申し込み後、5営業日

でユーザーIDを取得することができます。

必要な書類は、年金手帳となります。(基礎年金番号の入力が必要)

少し手間が掛かってしまうため、忘れないようにメモを取っておくようにしましょう。

また、第3者にユーザーIDやパスワードを教えると悪用されてしまう危険があるため誰にも教えないことは必須で、推測されないようなパスワードの設定が必要です。

ユーザーID・パスワードを忘れた場合の「新規登録」はこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

ねんきんネットで出来ることとは?

ねんきんネットにログインをすれば下記の情報の確認等が可能になります。

・年金記録の確認…これまで支払った年金の記録(国民年金、厚生年金)
年金見込み額の試算…将来受け取る老齢年金の見込額の試算
・追納等可能月数と金額の確認…未納や免除、納付猶予制度利用の確認
・電子版「ねんきん定期便」の確認…はがき版がネット上で確認できます
・年金振込通知書等の確認…(老齢・遺族・障害)の基礎年金、厚生年金を受け取っている人対象

他にも、

・持ち主不明記録検索…持ち主不明の年金検索
・私の履歴整理表作成…年金記録の漏れや誤りに関しての履歴作成
・届書の作成…日本年金機構に提出する届書の作成&印刷
・日本年金機構からのアンケートの確認・回答
・通知書再交付申請…日本年金機構から送付される通知書の再交付申請

などが可能です。

また、

・メールアドレスの変更
・ねんきん定期便の郵送変更(ネット確認に変更可能)
・パスワード変更
・サービス利用停止依頼

などもねんきんネットログイン後に可能になります。

ねんきんネットの利用方法の詳細はこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/utilization.html

将来受け取れる、年金見込額はいくら?

年金手帳

既に年金を受け取っている年金受給者の人は、ねんきんネットで年金振込に関する通知書の確認が可能です。

・年金振込通知書
・年金支払通知書
・年金額改定通知書
・年金決定通知書・支給額変更通知書
・公的年金等の源泉徴収書

ですが、まだ年金を貰っていない「これから」の人は一体自分はいくら年金がもらえるのか?知っておきたいですよね。

そこでねんきんネットでは、70歳未満の方に対し「将来もらえる年金額がいくらになるのか?」を計算できる「年金見込額試算」の機能を用意しています。

年金見込み額試算とは?

年金は「国民年金」「厚生年金」「いままでいくら支払ったのか?」「年収や加入期間は?」などに応じもらえる金額が変化します。

つまり、今現在年金を支払っている人は「結局いくらもらえるのか?」は現時点では決まっていないため、試算しないと分からない状態にあります。

そのために、ねんきんネットでは3つの試算方法を用意しています。

1:かんたん試算
2:質問形式で試算
3:詳細な条件で試算

こちらの試算をすることで、大体老後にどれくらいの老齢年金がもらえるのかが分かります。

早速、もらえる年金の試算をするならこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/n_net/estimatedamount.html

1:かんたん試算とは?

現在の職業のまま60歳まで働いたと仮定し、ワンクリックでいくらもらえるのかを試算します。

例えば下記のように表示されます。

受給期間 65歳1ヵ月~
年金見込額(月額) 300,000円
支給停止見込額(月額) 0円
受給予定年金見込額(月額) 300,000円
詳細 ※各受給期間における金額の内訳を表示

詳細をクリックすることで、老齢厚生年金の金額、老齢基礎年金の金額等の詳細の確認が可能です。

かんたん試算の詳細はこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/n_net/easyestimate.html

2:質問形式で試算

こちらは、今後の職業や収入および期間などを質問に答えていくことで試算する方法です。

・今後の職業を選択
・今後の収入などの条件を入力(月額、賞与、期間)
・厚生年金に関する質問

今の仕事を辞めて、今後の働く条件を想定しもらえる年金見込額の計算が可能です。

質問形式で試算の詳細はこちら
https://www.nenkin.go.jp/n_net/n_net/manual/estimatedamount.html#no2

3:詳細な条件で試算とは?

年末調整と確定申告の違い

下記の条件を入力し試算をする方法です。

より詳細に試算をしたい人はこちらで試算してみてください。

・今後の職業、収入および期間
・老齢基礎年金、老齢厚生年金を受給する年齢
・国民年金が未納である月に関する追納・後納等

年金を受給する年齢に関しては下記から選択ができます。

・法律で定められた本来の年齢で受給する
・前倒して受給する(全部繰上げ)
・一部を前倒して受給する(一部繰上げ)
・受給開始を遅らせる(繰下げ)

こちらはあくまで試算となります。

老齢基礎年金は2019年現在は原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰り上げて受け取ることができます。

繰上げする場合は、減額率に応じ年金額が生涯減額されます。年齢によって減額率が変わりますので注意が必要です。

老齢基礎年金の繰上げ受給の詳細はこちら
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20150313.html

まとめ

ねんきんネットでは、ねんきん定期便などの内容がネット上で見れるほかに

・いままで支払った年金の記録
・これからもらえる年金額の試算
・日本年金機構から郵送された各種通知書の確認

などがネット上でいつでも確認可能です。

ねんきんネットを利用するためには、ユーザーIDとパスワードが必要になり

・アクセスキーを持っている場合は即時(ネット上に表示)
・持って居ない場合は申し込み~5営業日程度(郵送)

でユーザーIDを入手&ログインすることが可能です。

アクセスキーは、毎年誕生日月に届く「ねんきん定期便」に記載がありアクセスキーの有効期限は届いてから3か月となります。

どちらにせよ、新規登録をする際は「年金手帳」を手元に用意する必要があります。

ねんきんネットへの登録は任意なので、特に登録しなくても問題はありません。

また、ねんきんネットに登録後、設定を変更しない限りはねんきん定期便はハガキで変わらず届きます。

なお、ねんきんネットのID・パスワードを忘れてしまった場合は「再度、新規登録」をする必要があります。(以前の情報を問い合わせることはできません。)

ねんきんネットの詳細は下記より確認が可能です。

日本年金機構「ねんきんネット」とは?
https://www.nenkin.go.jp/n_net/nenkinnet.html

-納税・申告

関連記事

【平成30年分】確定申告の必要書類とやり方、確定申告が必要な人とは?

確定申告は、毎年2月の中頃~3月の中頃までに行う「自分の所得を申告し、納めるべき税を納める」ための申告になります。 今年の確定申告は、2月18日(月)~3月15日(金)までです。 基本的に「勤め先が1 …

年末調整

年末調整の書き方と用紙、扶養控除、保険料控除について【まとめ】

今年も年末調整の時期がやってきました。 会社やバイトなどの勤め先から 「平成30年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」 「平成29年分給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書 …

ふるさと納税2017

ふるさと納税の仕組みと仕方や確定申告、おすすめ納税サイトとランキング

2017年のふるさと納税はお済みですか? 2008年からはじまった「ふるさと納税」ですが、2015年にテレビに取り上げられ話題になり去年、一昨年と今では多くの人がふるさと納税を行っています。 実は私も …

医療費控除

医療費控除を受けるには?明細書の書き方や必要書類、確定申告のやり方

平成29年分の医療費控除を受けるには、年末調整を行った人も行っていない人も自分で確定申告にて医療費控除の申請が必要です。 今年の提出期限は3月15日木曜日まで! 実は、平成29年分より医療費控除の内容 …

確定申告作成コーナー

【平成29年分】確定申告書等作成コーナーで確定申告をする方法【国税庁】

今年も確定申告の時期がやってきました。 平成29年分の所得税等の確定申告の期間(申告・納税)は下記の通りです。 ■2018年2月16日(金)~2018年3月15日(木) 個人事業主やフリーランスの方で …